スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独断と偏見による傾奇の特化について

破天で追加された新職業の傾奇者も最近では数が増え組む機会が多くなってきましたね。

自分は持っていませんが、組んだときの感想から独断と偏見で各特化について。

綺羅演舞(四象)
現在の高レベル傾奇では8割以上が演舞なんじゃなかと思います。
とにかく天地人が強い。
天地人のトータルダメージは物理ダメージ+術ダメージなので固い敵でも安定したダメージが出ます。
痺れ切り・看破もあり(看破は共通技能ですが)忍者や武芸と同様な感じですね。
既存職と普通に共存しやすいので、現状で1番人気なのも仕方ないでしょう。
四象を操る技能は完全に死に技能。

殺陣
イメージとしては強いのだろうけど、わかりにくい&使いにくい。
共演で徒党員にのってもらわないといけないので、それを理解している徒党員が必要。
はまれば雑魚狩りでは強い、、、

能楽(地勢)
殺陣以上に一般の認識が低いのが能楽。
基本的に地勢を操る技能が多い。
ただ、吉祥・弐だと消費気合30%減なので消費気合の高い技を持つ鉄砲や召喚と組むと化ける。
ほかにも追風や幻化などもいい。
ボスでも狩りでもただし能楽の特性を生かすには徒党編成を思いっきり選ぶ。
有名なのが乱射徒党か
今後認識が高まれば化けるかも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

百武千晶

Author:百武千晶
『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は株式会社コーエーに帰属します。

このホームページに掲載している『信長の野望Online』の画像は、『信長の野望 Online』の
有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
                           (C)2004 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。