スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

密教の対人について

上覧2日目終わりました。
今回は殺陣徒党なんで、必然的に殺陣中心の動きになるのですが、ようやくそれに慣れてきた感じかな。

自分としては「すべてを殺陣の為に」で動くので割り切って動けて楽かもしれません。

初戦に放浪娘さんとか、今日は結構強いところとあたったけど4戦4勝、通産7勝1敗で3位。
まあこの時点での順位ってのはあまり意味がないですがね。


それでもって、初日にこねこさんとお話する機会があって密教の対人での動きについてき聞かれたのだけど、正直相手は前回優勝チームの人だし私もそんなに自信ないので、それほど深い話ができなかったのですよ
でも、せっかくなので自分自身で整理する意味でも、密教の対人での動きについて思うところをまとめてみようと思います。


密教に限らず僧というか回復職は、対人においては行動の選択肢が多くその分状況判断が難しい。

密教の場合の主要技能としては、菩薩の光明・孔雀明王法・極楽浄土・合掌法輪・全体解呪・廻向の印・懲悪などかな。

敵徒党の編成とこっち徒党の回復職のバランスでお互いに役割分担を把握できてればいいのかな。

まずは敵の編成をみて沈黙役がいるかどうか。
いるならば菩薩はできるだけキープしないといけません。
それで仏滅(後光・菩薩キャンセル)される場合ならば相手の修験と相手の沈黙役の動きを把握して動かないといけない。
裏鬼門来るから合掌もしないといけない。

孔雀は今は周天法で孔雀貫通するのと、昔みたいな術忍徒党とか少ないからあんまり使う機会が少ないかな。

合間に智賢印いれて回復量あげといて全体救護的に廻向の印を使ったり。

あとは極楽キャンセルの破界もあるしね。

状況によってはアタッカーに無為いれたりとかもするしね。
狙われている味方に極楽くばったりとかも。


その時にすべてを完璧にやろうとしても無理なことが多いのです。
そういう時は割り切って動き、その状況で1番優先すべきことをする。

まあ結果としてどちらを選んでも駄目な場合もあるので、そこが悩ましいところです。

職に限らずなのですが、1つ1つの行動でミス無くというのはあるのですが、双方の徒党の特徴を把握して全体の流れを読むのが大事なのかなあと思います。



スポンサーサイト

テーマ : 信長の野望online~争覇の章~
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

Secret


おはようございます(^^)
これみて密教の動きの参考にしますー(^^) ほんと僧ってむずかしいー
わたしの場合おされだすと かなり下手になってくる…
とりあえず参考にさせていただきます(^^)

僧は自分の行動の効果が目に見えて見えにくいから難しいところがありますよね。

最近は相手の修験との読み合いが多いです。
プロフィール

百武千晶

Author:百武千晶
『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は株式会社コーエーに帰属します。

このホームページに掲載している『信長の野望Online』の画像は、『信長の野望 Online』の
有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
                           (C)2004 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。