スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萌えろ!九州三国志~第21話~

ひさびさに続きです。

前どこまで話が進んだか書いてた人も忘れていたりします。


続きをなかなか書けなった理由としては、今後の数話は立花道雪を中心でいくのですが、道雪=長門だとキャラ的にいじりにくくてどうしようかなというのがありました。

それの解決策として、この動画のイメージで

長門有希(SP2)ということで、



~~~前回までのあらすじ~~~

宗麟の隠居後、耳川の戦いにて島津に大敗して壊滅的な被害を受けた大友家。

竜造寺・秋月などの国人達が大友に叛旗を翻し、また内部でも南郡衆と他紋衆との争いもあるなか大友家の有力な豪族である田原親貫が反乱を起こす。

最初は足並みが揃わぬ大友家家臣であったが宗麟が再出馬したこととかつて南郡衆の長老であった道雪の檄により、なんとかまとまりを取り戻すのであった。






大友宗麟
ハルヒと言うわけで、これから田原親貫を討伐します!


一万田鑑実         朽網宗歴         志賀親守
竜宮レナ  園崎魅音  きょん2 はい!

ハルヒ(そう言えば田原親貫は養父の宗亀が急死したあと、勝手に跡を継いだだけだったわよね)

ハルヒ田原親貫、あなたの田原本家への相続権を剥奪します!!

田原親貫
圭一なんだと!!


ハルヒ田原本家の跡継ぎはわたしの次男 親家 とします。

圭一ふざけるなー!!


田原親貫に味方していた国東半島の国人達に動揺が走った。

国東半島では、未だ大友家の威信は強く、国人衆が続々と宗麟側に走った。

圭一そうだ、援軍はどうした!!竜造寺は?秋月は!?




>>>筑前<<<

高橋紹運
朝倉無駄なの!!

立花道雪
長門竜造寺・秋月の兵など一歩たりとも筑前を通すものか!このバカ野郎!!

秋月種実
ななこあいつら強すぎやろ、チートと違うんか!!

鍋島直茂
あきらさままったくだ!!

竜造寺・秋月勢は筑前で立花道雪&高橋紹運によって撃退された。





>>>国東半島<<<

大友宗麟は辻間に陣を構え自ら陣頭指揮をとり田原親貫討伐に向かった。

ハルヒさて首尾はどうかしら?

竜宮レナ大殿!田原親貫の重臣2人がこちらへ寝返りました。

きょん2親家様が安芸城を落としました!

ハルヒ順調なようねえ、結構結構!あとは親貫のいる鞍懸城だけみたいねえ。どうやって料理しようかしら!!





>>>鞍懸城<<<
ハルヒ援軍は来ない、家臣は寝返った、支城は全部落ちた!さて覚悟はいいかしら!!

圭一ちくしょおおお!!こんな結果認めないぞ

竜宮レナ往生際が悪いわよ!!

圭一無念だ、、、、グハッ


1580年10月9日、鞍懸城は大友軍の猛攻を受けて陥落した。
こうして国東半島での田原本家の謀反は鎮圧された。
宗麟は次男親家に田原家を継がせる事によってこの問題を落着させ、地に落ちた威信を回復した。





朝倉さすがは大殿ですね。みごとな手際です。

長門あたりまえだ、大殿は本気になれば凄いんだ!

朝倉これで大友家も少しは持ち直してきましたが、、、、

長門相変わらず劣勢なことには変わらないからなあ。

由布惟信
ひより肥前の竜造寺隆信は耳川後に真っ先に大友に叛旗を翻し、現在は肥前・筑後を押さえているっすね。

立花宗茂
ゆたか筑前にも秋月種実ななこを中心に竜造寺派の国人は多いですしね。

小野鎮幸
パティ九州南部は宿敵島津が着実に勢力をヒロゲテマスネ

ひより薩摩・大隈(鹿児島県)・日向(宮崎県)に加えて肥後(熊本県)にまで抑えているっすね。

長門そろそろ島津と竜造寺の勢力範囲がぶつかってくる。そこが狙い目。

朝倉なるほど、さすがは道雪様。島津と竜造寺が潰しあっている隙に力を蓄えておくのですね。

長門・・・そう・・・これからが重要

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

百武千晶

Author:百武千晶
『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は株式会社コーエーに帰属します。

このホームページに掲載している『信長の野望Online』の画像は、『信長の野望 Online』の
有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
                           (C)2004 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。