スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萌えろ!九州三国志~第17話~

大友軍は日向へ進軍していった。

田原親賢や佐伯惟教を中心とした主力軍団4万は陸路で日向を南下。

田原親賢
古泉不安だ、、、激しく不安だ、、、

佐伯惟教
あやの頑張りましょうよ!

角隈石宗
つるやこの戦い、初めから凶兆がでているにょろねえ。どうしたもんだか


田北鎮周
みさお決戦あるのみだぜ!!





志賀、朽網、一万田、戸次ら南郡衆は、肥後の相良義陽と合流して、肥後廻りで島津軍の背後を攻撃する計画であったが…。

>>>肥後<<<

志賀親守
きょん2こんな戦い、真面目にやってられん。

はじめから士気が低く、進軍もゆっくりであった。






>>>務志賀<<<

宗麟は戦いは将兵たちに任し、務志賀と言う場所に聖堂を建てて神に戦勝を祈っていた。

大友宗麟
ハルヒ神に祈るって気持ちいいいわねえ


耳川





>>>薩摩<<<

島津義久
こなた
ということで、大友軍が攻めてくるよ!

島津家久
つかさどんだけ~♪

島津義弘
かがみいつかは大友とやりあうことになるとは思っていたけど、まさかこんな馬鹿げた理由で合戦するとはねえ。

つかさでも兵力的には圧倒的に不利だし、結構ピンチなんじゃない??

こなた一応は危急存亡のときではあるのかな。


かがみまあ逆に言えば、ここで大友に圧勝すれば島津が九州1番になれるわね。チャンスと言えばチャンスよ。

こなた(義弘がやる気満々だねえ。頼もしいことだ)

こなたとにかく兵は総動員しないといけないね。


義久は国中の武器を持てる者すべてを召集した。
領民にいかなる逃げ口上も許さず、参集させた軍勢に4、5日分の米を持たせ、その食糧が尽きる前に戦の勝敗を決していなければならならぬ、と伝達した。


こなた立てよ国民!!


サムライモール  うぃっち  ハーピージーク・島津!!





11578年10月20日から高城を囲んでいた。
高城は要塞ではあるが兵力は数千、大友軍の兵力は4万。
本来なら楽勝のはずなのだが、、、

大友軍はもともと士気が低かった上に慎重派の田原親賢と積極派の田北鎮周との対立により2系統の指揮が入り乱れていた。

古泉みなさん、落ち着いてください。ここは無理な力攻めをせずにじっくりいきましょう。

みさお突撃だぜ~!進軍あるのみだってヴぁ!!

大友兵
ひこにゃんこんな合戦やってられないぜ。

結局、高城を落とすことはできなかった。

11月1日、島津勢主力三万を率いた島津義久が佐土原城に着陣。
いよいよ2大勢力が対峙したわけです。

耳川合戦


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

百武千晶

Author:百武千晶
『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は株式会社コーエーに帰属します。

このホームページに掲載している『信長の野望Online』の画像は、『信長の野望 Online』の
有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
                           (C)2004 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。