スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萌えろ!九州三国志~第14話~

大友宗麟は憂鬱である・・・


毛利を撃退して北九州を確保を絶対的にした大友家。

1571年
>>>安芸<<<
毛利元就
ゆかりそろそろ死ぬわ~

小早川隆景
みゆきお母様~!!

ゆかり毛利家は一国人領主から中国10カ国の大大名にのし上った。けどいろいろ汚いことやってきたから毛利のことを良く思っている人はいないわね。

みゆき手厳しいですね。

ゆかりだから決して天下を目指してはダメよ。分不相応に天下を目指すと必ず滅びます。それより今の領地を守り毛利の家を末代まで絶やさぬことを考えなさい。


1571年 戦国の英雄 毛利元就死去(ちなみに同年 島津貴久死去)







こうして大友家は安定期になっていた。
九州6国を治め周囲に脅威となる勢力も無く、名実ともに九州王というべき存在になっていたのだが、、、

1571年吉弘鑑理死去
みくる

1573年吉岡長増死去 
黄緑

1574年臼杵鑑速死去
きょん






大友宗麟
ハルヒ一気に寂しくなったわねえ

立花道雪
長門3人とも大友家に無くてはならない存在だった・・・(突っ込み役不在はどうしよう)

ハルヒこれからはわたしがしっかりしないとねえ

田原親賢
古泉まだこの田原親賢がおります。お任せください。

長門(そう言えば、まだこいつが居たな・・・)

ハルヒ親賢は義統(宗麟の嫡男)の叔父になるわけだし、頼りにしてるわよ。

ハルヒとりあえず、さっきの合戦で戦費がかかりすぎたわ。博多の町も復興させて交易に力をおれないとねえ。

長門そう・・・

ハルヒ南蛮人の宣教師を厚遇して布教の許可をしてあげているから南蛮船もやっきて交易で多大な利益がでているし、あとは火薬の原料の硝石の輸入ルートもあるしね。

古泉しかし殿、あまり耶蘇教(キリスト教)を優遇しすぎるのはいかがなものかと?領内の寺社勢力の反発はもちろんのこと家臣の多くは仏教徒なのですから不満を持つものも多いですよ。

ハルヒあなたもその1人かしら?親賢

古泉いえいえ、、、わたしは殿には全身全霊をもってお仕えしていますから・・・

ハルヒまあいいわ・・・大体みんな視野が狭いのよね。この狭い日本の地方で小さい領土に必死こいてて

ハルヒ世界は広いんだから!!

長門世界に目を向けることも大事かもしれない。でもわれわれはこの狭い日本において独自の文化を築きあげ、先祖の霊を敬い生きてきているのだ。それを軽視してはいけない・・・

ハルヒでも南蛮の進んだ文化・知識などは興味深いしいろいろ役に立つわよ。耶蘇教(キリスト教)の教えもとっても素晴らしいものよ。それに世界の果てから信仰の為に苦難の道を超えて来た宣教師達と、酒色に溺れまくっている日本の腐れ坊主どもを比較するとねえ、、、わたしも宣教師たちのような使命感に溢れた崇高な人生を送ってみたいわ。

長門殿には大友家の当主として家臣・領民の安寧を守るという何事にも変え難い使命があるはず・・・そのためにはこの道雪、全力でお仕えするつもり。

ハルヒわかっているわよ(でも正直、大名やるの飽きてきているのよねえ・・・・)

古泉(突っ込み役不在だと話が締まらない気がしてきましたね・・・)





織田信長
真紅天下布武なのだわ!

中央では織田信長が「天下布武」を掲げ足利義昭を奉じて上洛しその勢力を高めていた。

以前に毛利戦において尼子とうまく連携をとれなかった反省から、大友家は織田と同盟することにした。

ハルヒ同盟しましょう!

真紅了解なのだわ!



みゆきこれは大変なことになりましたね・・・・





1576年
中央では織田信長がちゃくちゃくと勢力を伸ばし、天下取りへ向かっているように見えた。

ハルヒ恐らく織田がこのまま天下統一を果たすでしょう。その時、織田の盟友ということで大友は西国最大の大名として生き残っていけるかしらね・・・

ハルヒ(それにしても、若い頃の不摂生が祟ったせいか、あんまり体調が良くないわねえ。)

ハルヒ(家督を義統譲って信仰の道に走ろうかしら。ぶっちゃけ大名ってしんどいのよねえ。領土が広がったて余計な仕事が増えるだけだし)

ハルヒ家督を義統に譲って隠居するわ!!

大友義統
妹よ、よろしくです!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret


No title

妹・・・萌っ♪
プロフィール

百武千晶

Author:百武千晶
『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は株式会社コーエーに帰属します。

このホームページに掲載している『信長の野望Online』の画像は、『信長の野望 Online』の
有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
                           (C)2004 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。