スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萌えろ!九州三国志~第13話~

島津家内部の敵対勢力を掃討して薩摩統一を果たした島津貴久。
その後は薩摩・大隈・日向の3州統一を目指し息子達と戦っていた。

島津貴久
かなたいくわよ!

島津義久          島津義弘        島津家久
こなた  かがみ つかさおおー!! 


1571年、島津貴久死亡(島津家の家督は1566年に義久に譲っていたが)


九州南部1570年


>>>大隈<<<
肝付兼亮
マミー憎っくき島津の貴久が死んだ今が好期。島津に攻め込みます。ついでに日向の伊東さんにも協力してもらって一気に島津を叩くのだ!

サムライモール了解です!!

>>>日向<<<
伊東義祐
スケルトンというこで今が島津を攻める好期なので、準備をしましょう。ついでに肥後の相良さんに援軍を依頼しておきましょう。

>>>肥後<<<
相良義陽
象大魔王援軍の件、わかったぞう。




>>>鹿児島<<<
こなた大変だよ~!!大隈の肝付が攻めてきて、それに日向から伊東が、、、、!!

かがみいいから落ち着きなさい!!あんたが当主なんだから!!!

こなたそうだったね、、ごめんよ義弘

つかさとにかく肝付氏の侵攻に備えないとね。

こなたそうだねえ。とりあえず主力軍団はそっちに向けるとして、日向の伊東氏への備えは、、、

かがみそっちは私に任せなさい!!

こなたじゃあ兵力の分配は、、、

かがみこっちは飯野城にいる300だけで十分ね!!

*飯野城:日向南部にある城。島津義弘の居城。

こなたま、まじですか!?(確かにそんなに肝付氏への備えの兵力をそんなに裂けないのは事実なんだけど)

かがみ心配いらないわよ。かるーく蹴散らしてあげるから。

こなた(城に篭って耐えるのだったら300でもなんとかなるのかな?)じゃあ義弘にまかせたよ。肝付が片付いたらすぐに援軍に行くから。

かがみまあ、まかせなさい。




>>>日向 真幸院地方<<<

スケルトンとりあえず、あの加久藤城を落とすとしますかね。

伊東軍3000は加久藤城目指して進軍していった。

加久藤城には義弘の妻と数十人の兵しかいなかった。

>>>加久藤城<<<
義弘の妻
いのりちょっとちょっと、これはやばいんじゃない!!

>>>飯野城<<<

かがみ(間者により伊東軍の動きは筒抜けよ。加久藤城という餌につられてまんまとで出てきたわね)

かがみ加久藤城が敵の襲撃を受けています。至急兵を集めなさい!!

ひこにゃんはい!

ということで約300人くらいの兵が集まった。

かがみいいわね、戦いというのは兵の多少じゃないのよ。みんなが勇気を振り絞って一丸になって戦えば必ず勝てます。みんなの命を私に預けなさい!!


ひこにゃんおおー!!

義弘は300足らずの兵をさらに3つに分けた。
60人を加久藤城の援軍に向かわせ、40人を白鳥山に伏兵として配置し、残りを義弘自ら率いて伊東軍へ向かった。

>>>加久藤城<<<
いのりとにかくここは、通さないんだからね!!

加久藤城の城兵は一丸となって必死に伊東軍の攻撃を耐えていた。

伊東軍は事前にえた情報から城の搦め手に通じる鑰掛口へと迫るが、夜の暗さと若い不慣れな将兵の勘違いにより、違う場所を攻撃した。

スケルトンあれ~?なんかおかしいな??

実は義弘の間者から得た偽情報により城攻めに不利な場所へ誘導されているのであった。

加久藤城攻めで思わぬ苦戦をしいられて伊東軍はいったん兵を下げ、池島川で休息をすることにした。



ちなみに相良からの援軍は、
肥後との境になる諏訪山の大河平というところに旗をいっぱい立てておき、さも島津の兵力が多いように見せていた。
象大魔王島津の兵力が思ったより多いからひきあげるぞう。

ということで相良の援軍は引き返していった。

>>>池島川<<<
伊東軍の兵
サムライモールこう暑いと、さすがにたまりませんなあ。

伊東軍には兵の多さによる油断と、またおりからの蒸暑さのため川で水浴びする者が多かった。

かがみいまがチャンスね。全軍わたしに続きなさい!!
島津軍は義弘が自ら先頭にたち、伊東軍に突撃していった。

スケルトンなんだと!!

サムライモールたすけてー!!

完全に不意をつかれた伊東軍は混乱状態となり沢山の死者をだした。

かがみとりゃあああ!!

また伊東軍の大将である伊東祐信もここで討ち取られたという。

スケルトンなんとか体勢をたてなおすんだ!!

そうは言っても多勢に無勢なため、徐々に立て直していく伊東軍。

これを見て義弘はさっさと退却していく。

かがみ計算通りに、伏兵がいる白鳥山を抜けて木崎原へいくコースへ敵をさそいこみます。

伊東軍はこれを追撃。
義弘の計算通りに白鳥山を抜けて木崎原へ向かったときであった、、、

>>>白鳥山<<<
ひこにゃん今がチャンスです!!突撃!!

白鳥山からの伏兵が背後から伊東軍を襲撃。

>>>木崎原<<<
スケルトンありえん!!

さらに義弘軍も反転して伊東軍に襲い掛かる。
かがみてえええええええい!!

スケルトンたすけてくれええ!!

島津軍の攻撃により伊東軍は壊滅状態となった。
ちなみにこれが島津のお家芸とも言える「釣り野伏せ」の原型になったといえる。

また義弘は敵味方を問わずすべての戦没者を供養するために六地蔵塔を立てた。

この戦いで多くの将兵を失った伊東氏は急速に勢力を落として伊東氏の内部崩壊につながっていく。

スケルトンこうなったら豊後の大友さんを頼りましょうか。

これが耳川の戦いの原因の1つになっていくのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret


ぷよ〇よw

ぞう大魔王仕事しろw
立て、スケルトンT!負けるなスケルトンT!v-40

コメントありがと~

ぷよ○よキャラは、単発的なキャラの配役に困ってて、いいの無いかと探してたら見つけたので使って見ました。

ぷよぷよやったのって、もう10年くらい前なんですがね。

ぞう大魔王はたぶんそのうち再登場します。
プロフィール

百武千晶

Author:百武千晶
『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は株式会社コーエーに帰属します。

このホームページに掲載している『信長の野望Online』の画像は、『信長の野望 Online』の
有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
                           (C)2004 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。