スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萌えろ!九州三国志~第一話~

長門31560年 豊後にて惨劇が起こる。
大友氏第20代当主・大友義鑑は、正室の子である大友義鎮(のちの大友宗麟)を嫡子と決定していたが、側室の子である3男の塩市丸を後継者としたいと考え、義鎮を廃嫡しようとしていたとされる。このため、大友氏内部では義鎮派と塩市丸派に分裂し、互いが勢力争いを繰り広げていた。

長門3ちなみに、立花道雪役でも出演するの、混乱を避けるように、解説役の時はこの格好・・・

長門3義鑑(父)や塩市丸の生母は、塩市丸の後継を実現するために入田親誠とともに義鎮派の主要人物を次々と謀殺していった。しかし逆に追い詰められた義鎮派の一部が、大友館の2階で就寝していた義鑑と塩市丸、そしてその生母を襲撃した。この襲撃によって義鑑は致命傷を負い、後妻と塩市丸は斬り殺された。

長門3だが、襲撃者達もまた、駆けつけた武士たちによって全て討ち取られた。義鑑も数日後に受けた傷がもとで、領国経営に関する置文を残して死去。
大友氏の家督と豊後・肥後の守護職は、戸次鑑連(立花道雪)ら家臣に擁立されて義鎮が継承した。
この惨劇は、当時では珍しい二階建だった大友屋形で起きた事から「二階崩れの変」と呼ばれるようになった。







大友義鎮(後の宗麟)
ハルヒと言うわけで、私が領主なわけねw

臼杵 鑑速(大友家の重臣)
きょん血生臭い事件の後なんだから、少しは自重しろよ、、、

ハルヒなにいってんのよ!まだ後始末が終わってないわよwはやく入田親誠を討ちなさい!

戸次鑑連 (べっき・あきつら、後の立花道雪)
長門・・・了解








長門3塩市丸派の入田は肥後の阿蘇惟豊を頼って逃亡するが、事件後に阿蘇氏によって討たれる。機敏な行動で事態を制した義鎮は、府内の西山城に入り家督を継いだ。

長門3二階崩れの変は、一般的には追いつめられた義鎮派の一部による暴走であると考えられているが、義鎮が影で動いていたとも言われている。詳細は未だに謎・・・

長門3ともかく大友義鎮が九州の名門大友家の第21代当主になりました。この時20歳。この若き当主の元、大友家は波乱万丈の道を進んで行くことになるとは、この時は誰も思ってはいませんでした。

スポンサーサイト

萌えろ!九州三国志~序~

みくる「長門さん、これはいったい何なんですかねえ?」

長門「信オンユーザーである作者がせっかく争覇で九州とかが追加されたけど、だたの狩場となってるのが残念なんでその背景を説明しようと、アニメオタで歴史オタなので何か作って見ようということでつくってみようと思ったらしい。世界史コンテンツとかでよくやってる方式でやって見る気らしい。」

みくる「大丈夫なんでしょうか?」

長門「それは不明、、、、真面目に作ると結構な手間らしいからどこまで作れるか」

みくる「あうあう。不安になってきましたねえ。」

長門「まあ暖かく見守ってやって欲しい、、、」

みくる「具体的にはどういう方式でやるんですか?」


長門「演劇方式・・・」

みくる「配役というか登場人物紹介はこちらだそうです」

ー大友家ー
ハルヒ
大友宗麟

長門
立花道雪

ー島津家ー
こなた
島津義久

かがみ
島津義弘

つかさ
島津家久


ー竜造寺家ー
みくる
竜造寺隆信
あきらさま
鍋島直茂

※ 本編では必ずしも、この設定に忠実とは限りません。場当たり的に、一人二役以上は当たり前だったりします。
※ 人名の呼称は、一般的に親しみのあるものを優先しました。



みくる「あのー長門さん?どうして私が竜造寺なんですか?」

長門「中の人のイメージらしい・・・」

みくる「マニアックすぎると一般人はついてこれませんよw」

長門「問題は無い・・・」

みくる「本編でも私たち2人が解説役らしいです。それでは次回はいよいよ本編なので、」

長門「よろしく・・・」


アイコンはモアイ部様からお借りいたしました。

歴史ってのは面白ものなのです

信のほうは上覧終わったら燃え尽き気味で、ログイン頻度が激減してます。
たまに僧に神秘が欲しいから、密教つれてイソノックいったりするのですが、肝心の密教に神秘がでませんww


それはそうと、私は趣味として歴史が結構好きでして。
特にどの時代が好きとか誰が好きとかそう言うのはなく、歴史ってもののトータルな流れが好きという感じでして。

それでもメインは日本史・中国史とかなんですが、最近は近代のヨーロッパに興味あります

きっかけはこれ
やるおで学ぶ第一次世界大戦 ~開戦前夜編~
これ読むと、オーストリアって馬鹿だなあと思うかな。

もうちょっと掘り下げていくと

このへん
結構長いし、途中で更新止まってますがねw
それでも第一次世界大戦にいたるまでの背景がわかってくるかもねと。

それでもってオーストリアってどういう国なんじゃいということで
ここを
最後の方はちょっと泣けてきましたww

歴史ってのはいろいろな流れがあり、時として人が作り上げていくものなのだけど、流れ自体には逆らえないものもある。
ただ、後世の人間が後世の価値観だけで安易に馬鹿にしちゃいかんと思ってます。

まあアニメキャラとかによる対話形式だと歴史自体に興味がなくても読みやいかもねと思うので、是非にw

上覧終了

長い間続いた上覧武術大会もようやく終わりました。
うちのチームは結果は5位でした。
まあ健闘したほうでしょう。

いろいろな徒党とやりましたが、やっぱり上位5チームくらいはちょっと別格かなと感じました。
特に優勝した「隣の晩御飯」さんと3位の天翔武田中心の「諏訪明神」さんあたりはかなりうまかったです。
2位の魔人徒党もね、、、、

とりあえず上位の相手すべてと1回は勝っているのでそれだけは満足w


ちなみに上覧終わったら他のことに興味をもてなくなって困ってます。

次のチーム参加は9月なのでそれまで僧をもうちょっと育てようかな、、、

上覧5位
プロフィール

百武千晶

Author:百武千晶
『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は株式会社コーエーに帰属します。

このホームページに掲載している『信長の野望Online』の画像は、『信長の野望 Online』の
有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
                           (C)2004 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。