スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萌えキャラで学ぶドイツ三十年戦争-幕間解説1-

美琴さすがにヨーロッパの歴史だし、この企画はいきなりすぎてついていけないんだけど。

黒子そうですわね。

美琴ということで今回は解説をメインに1話まるまるやってみます。




続きを読む

スポンサーサイト

萌えキャラで学ぶドイツ三十年戦争 その2-ボヘミア・ファルツ戦争-

プラハ窓外投擲事件から始まったボヘミアでのプロテスタント等族によるクーデターが成功

ボヘミア等族議会 フェルディナントのボヘミア王廃位と新王にファルツ選帝侯フリードリヒ5世選出を議決

ファルツ選帝侯フリードリヒ5世
咲これも神の思し召しです。ボヘミア王位謹んでお受けしましょう。

ファルツ選帝侯フリードリヒはこれを受諾。

神聖ローマ皇帝フェルディナント2世(前ボヘミア王)
大河いい度胸ね。受けて立つわ!!

神聖ローマ皇帝フェルディナント2世とファルツ選帝侯フリードリヒ5世との衝突は決定的になり、神聖ローマ帝国は内乱へと向かっていった。


フェルディナントはおなじハプスブルグ家スペインとカトリック諸侯に対して支援を求める。

カトリック同盟(リーガ)の盟主であるバイエルン候マクシミリアン1世は皇帝フェルディナントへの助力を約束する。

バイエルン候マクシミリアン1世
みのりわたしに任せておいてよ!

大河頼りにしてるよー♪

みのりということで、あなたをカトリック同盟軍の司令官に任命するわ。我らの信仰とドイツを守るため頑張ってね。

ティリー伯ヨハン・セルクラエス
キャプテンお任せください。
バイエルン候国陸軍元帥
かつては修道士を目指したほど敬虔なカトリックで「甲胄の修道士」の異名を持つ。


ティリーは25000の軍勢を率いてボヘミアへ向かった。


続きを読む

萌えキャラで学ぶドイツ三十年戦争 その1-戦乱の始まりー

信休止して暇だったんで少しずつ書いていたのをあげてみます。
未完結な別な企画は放置なままですがw




萌えキャラで学ぶドイツ三十年戦争
 その1-戦乱の始まり-


前置き


神聖ローマ帝国
かつて欧州全土を支配していたローマ帝国の後継を自称する国
しかし帝国とは名ばかりで帝国諸侯の連合国家となっていた。
皇帝は世襲制でなく、選帝侯とよばれる7つの諸侯による選挙によって選ばれる。
しかし16世紀には、帝国諸侯のなかでずば抜けて大きな領地をもつオーストリア・ハプスブルグ家による実質的な世襲であった。

1517年のルターの「95ヵ条の論題」に始まるとされる宗教改革により、帝国北部にはプロテスタントが広がる。
ハプスブルグ家はカトリックであったため、プロテスタント諸侯と皇帝ハプスブルグ家とは対立していた。


カール5世(神聖ローマ皇帝兼スペイン国王)
春香 オスマン帝国の脅威もあるし国内はできるだけまとめておかないといけないわね。

1555年-アウクスブルク-

春香ということでプロテスタント ルター派の信仰を認めます。ただしカルヴィン派は認めませんから。

これがアウクスブルクの和議と呼ばれている。

ちなみにハプスブルグ家はカール5世の後、スペイン系とオーストリア系に別れることになる。
ただし両家の関係はその後も良好


続きを読む

プロフィール

百武千晶

Author:百武千晶
『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は株式会社コーエーに帰属します。

このホームページに掲載している『信長の野望Online』の画像は、『信長の野望 Online』の
有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
                           (C)2004 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。